部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。

写真部

お知らせ 再開に向けての連絡〔5月26日(火曜日)現在〕

5月25日(月曜日)16時00分更新の内容のとおり、5月29日(金曜日)の準備登校を経て6月1日(月曜日)からいよいよ授業再開となりました。が、部活動は6月22日(月曜日)からの再開となる予定です。

これを受けて今後の活動内容を精選していく必要があります。よって、準備登校の日に簡単な連絡をしますので、写真部員は以下に従って行動してください。

 

★5月29日(金曜日)、それぞれ【奇数A班;偶数B班】の当日のホームルーム(掃除も含む)すべて終了後、2階渡り廊下の写真部の作品展示ボード付近に集合する。

 

短時間で終了します。必ず忘れずに集合してください。

 

緊急事態宣言は解除されましたが、油断は大敵です。引き続き自他を守る行動を継続、徹底させてください。活動再開後、活動中あらゆる角度から自他を守る行動を採り入れますので、よろしくお願いいたします。

お知らせ 連絡:部員及び新入生向け〔5月1日(金曜日)現在〕

草高インフォメーションに記載の通り、5月末まで登校の機会はなくなりました。各部員は今後もしばらくの間、各家庭内での自主的活動が続きます。予定変更がなければ、直近の登校日が6月1日(月曜日)となります。これらを踏まえての連絡となります。

 

 部員向け

〔4月14日(火曜日)現在〕の内容と基本的に変更はありません。

写真甲子園の準備、機材等不具合発生時の対応、機材一式の持参の3点です。

このままの日程で動いていった場合、6月1日は月曜日ですが、機材一式の持参の関係もありますので、全員集合となる予定です。詳細は、後日発信します。

 

写真甲子園について、5月1日10時現在の写真甲子園ホームページでは応募締め切りは6月8日(月曜日)必着であることを含め、大会日程に変更はないようです。このまま行けば、6月1日(月曜日)の活動再開後は超がつく非常に困難な状況がじゅうぶん想定されます。その一方、全国的な状況を見れば、大会日程や大会そのものの内容の変更等もありうると思えます。

流動的な状況あることは確かですが、今の我々にできることは、変更なく実施を前提とした不断の準備です

具体的には、直近の登校日、すなわち活動再開のその日以後、いつでも即座に出展候補を羅列できるようにしておくことです。即座に揃えられないとなると、大会日程に変更がない場合、最悪応募見送りともなります。応募見送りだけは避けたいものです。

 

引き続き自他を守る行動を継続、徹底させてください。また、ホームページを頻繁に確認し、内容の確認を日々怠ることなく継続させてください。

顧問は、今月も引き続き毎週木曜日は学校に出勤します。また、木曜日以外にも状況によっては出勤します。

 

 新入生向け

新入生の皆さん。写真部です。

写真部の通常の活動は、部活動Newsの写真部の欄をクリックしていただくと、過去の活動状況の概要が閲覧できますので是非、ご覧ください。かなりハードではありますが、やりがいがあり、忍耐力も身に付きます(笑)。

 

間近に迫っている大きな活動内容は、前述の写真甲子園の応募です。

写真甲子園は3人1組で応募することになっていますが、実は、草高写真部は、応募予定部員は現2年生2名しかいません。今のままだと応募不能です。

草高入学後には写真部入部をと考えている新入生の方。ぜひ、入部をお待ちしています。登校開始後すぐに部活動見学等の機会があると思います。ぜひ、見学され、そして、入部をと願っています。

 

写真甲子園は、毎年本戦が北海道で夏休み期間中に実施されます〔詳しくは「写真甲子園」ホームページをご覧ください〕。

北海道に行くには3人1組で作品を応募し、主催者に認められて初めて可能になります。今回の応募作品は現2年生がすべて制作しますが、応募メンバー3名の確定には前述の通り登校(活動)再開後の日程が非常にきつく、一刻の猶予も許されない状況です。再開後即刻メンバーを確定しないと締め切りに間に合わない可能性が大です。2008年以降毎年応募を続けており、応募見送りはなんとしても回避したいです。が、こんにちの状況のもと大会が予定通りに実施されるかどうかも不確定ではあります。

我々のスタンスとしては、変更なく実施が前提です。ぜひ、力を貸してください。部活動見学の日を楽しみにしています。

 

新入生の皆さんも、自他を守る行動を継続、徹底させてください。お会いできる日を待っています。

 

 

 

 

 

 

お知らせ 連絡〔4月14日(火曜日)現在〕

この先しばらくの間、登校の機会がありません。現段階での連絡をします。

 

最初の登校日の日程が確定した段階で直近の予定を発信します。追加連絡が生じた場合もその内容を発信します。

頻繁にHPを閲覧し、内容の確認を日々怠ることなく継続させてください。

 

カメラ機材一式が手元にある部員は、写真甲子園の準備〔6~8枚の作品の制作〕を続けてください。

撮影にあたっては無理はせず、自宅の敷地内で構いません。自宅敷地内にも被写体は多くあるはずですね。また、ひと組つくって満足してしまわず、いくつか出展候補を用意し、出展作品決定の際に切羽詰まって右往左往することなどなきよう、たゆまぬ努力を続けましょう。

万一、機材等に不具合が生じて対応策の判断に迷った場合、勝手に判断せず、隠さずに顧問に連絡してください。可能な限りの対応策を伝えます。

なお、この先最初の登校日に、機材一式を持参してもらう予定です。

 

引き続き自他を守る行動を継続、徹底させてください。

参考までに、顧問は今月は15日(水曜日)と毎週木曜日に学校に顔を出します。

 

 

お知らせ 活動休止の連絡〔4月3日(金)現在〕

予定していた4月6日(月)および7日(火)の活動は休止します。

活動再開は、現段階では4月13日(月)以降を予定しています。

 

登校日〔4月9日(木)〕に簡単な連絡のみ実施します。各部員は、各々のクラスでのスケジュール全て終了後、各々ごとに職員室前に来てください。

 

4月13日(月)よりも前に部活動が再開可能となった場合には、当HPで活動予定日時場所を公開します。

 

各部員、引き続き自他を守る行動を継続、徹底させてください。また、HPを頻繁に確認し続けてください。

 

お知らせ 活動再開の連絡〔3月29日(日)現在〕

活動休止となって、退屈しているのではと察します。世界中はもちろんのこと、我々にとって身近な地である首都圏の状況も見れば、自粛は自他を守るために必須と言わざるを得ませんね。ですが、気持ちは明るく持ちましょう。

写真は単独でもできます。今回の活動休止の間も各自それぞれに色々と進めていったのではと思います。イレギュラーな場面に遭遇した時こそ、自分でよく考えて行動することが要求されます。ピンチをチャンスに!今後あらゆる場面で今回の出来事を思い出し、「災い転じて…」の諺の通りに行動できるよう努めていってください。

自他を守るために、咳エチケット、手洗いうがい、消毒等引き続き慎重に行動してください。

 

では、タイトルについて、確定分の連絡をいたします。

 再開予定日時場所:令和2年4月6日(月)午前10時 本校化学室

 

この日以降の活動の詳細はこの日に決めます。ちなみに現段階では翌7日(火)も活動を予定しています。両日とも短時間で終了する予定です。よって両日とも昼食は一応不要。時間で区切って効率よく活動しましょう。

新型コロナウィルス関連の動向は予断を許さぬものがあります。今回の予定も今後短時間のうちに変更を余儀なくされることもじゅうぶんにあり得ます。今後は当HPを頻繁に確認してください。今後変更等があれば、春季休業中は原則として当HPの部活動Newsの欄を通じて周知します。