部活動紹介を表示するには、カテゴリーで「部活紹介」を選択してください。

女子バドミントン部

三郷市学生バドミントンシングルス大会結果報告

 

こんにちは、草加高校女子バドミントン部です。

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、例年4月・5月に行われている「学校総合体育大会」は団体戦・個人戦ともに中止になってしまいました。バドミントン部としての練習は、6月23日(火曜日)から約4カ月振りに再開しました。3年生14人は8月13日(木曜日)に行われた「埼玉県学校総合体育大会」(3年生だけが出場できる個人戦ダブルス)を最後に引退しました。満足な練習ができないなか引退を迎えることになってしまった3年生の気持ちを考えると、とても心が痛みます。本当に良く頑張りました。お疲れ様でした!!

 そして、いよいよ58期生たちがスタートしました。2年生18名・1年生13名の総勢31名と相変わらず大所帯ですが、草加高校女子バドミントン部の伝統を引き継いで、57期生以上の結果を目指して日々の練習に取り組んでいます。今年の夏休みは8月6日(木曜日)から8月19日(水曜日)の2週間と短く、8月中は体育館の床改修工事のため8月28日(金曜日)まで草加市スポーツ健康都市記念体育館など外部の体育館を利用して練習しています。

 

8月9日(日曜日)に行われた、【三郷市学生バドミントン選手権シングルス大会】の結果です。

今大会は58期生たちの代になって初めての大会で、1・2年生全員が1部に出場しました。

「女子1部」(94名出場)

  *第3位:勇(2年)、中越(2年)

  *ベスト16:上村(1年)、丸山(1年)、大空(1年)

シングルスは久し振りに賞状を取ることができ、良いスタートがきれました。上記の5名以外にも成長を感じられた試合が多々ありましたが、まだまだ課題は山積です。県大会出場を目指して、8月29日(土曜日)から始まる新人大会東部地区予選会個人戦に向けて、日々の練習に取り組んで行きます。

草加記念体育館では10面使える日もありました!

   

東部支部大会結果報告

1月17日(金)~19日(日)に行われた、【東部支部大会】の結果です。

本大会は、団体戦と団体戦に出場しない者による個人戦シングルスA(2年生)・シングルスB(1年生)が行われました。シングルスには人数制限がなく、全員が出場できます。

 

団体戦は1次リーグ・2次リーグ・決勝リーグの順に行い、第1位から第12位まで決めます。今大会の結果が4月に行われる学総大会東部地区予選会団体戦の第1シードから第12シードになるので、大変重要な大会です。試合形式は9月に行われた新人大会と異なり2複1単で、単複を兼ねて出場することができません。

団体戦メンバー(高島・村上・兵庫・五十嵐・勇・萩原・中越)

*1次リーグ

第1試合:2-1 三郷高校

第2試合:2-1 春日部東高校

第3試合:1-2 草加西高校

     ※ブロック2位で2次リーグに進出

 

*2次リーグ

第1試合:1-2 春日部女子高校

第2試合:2-1 越谷北高校

第3試合:0-2 久喜高校

     ※ブロック3位で決勝リーグに進出

 

*決勝リーグ(2次リーグ3位の4校)

第1試合:1-2 草加西高校(1次リーグの結果が反映される)

第2試合:1-2 鷲宮高校

第3試合:2-1 八潮南高校

※3校が1勝2敗で並びましたが、ブロック2位で東部地区第10位になりました。

 この結果、4月に行われる学総大会のシード権を取ることができました。

 

個人戦シングルスA(136名参加)は10名出場して最高成績はベスト32、シングルスB(183名参加)は16名出場して最高成績はベスト8でした。特に、1年生の初心者8名のうち5名が1回戦を勝ち抜き、更に2名は3回戦まで進みました

 

団体戦はベスト8に入れる力がついてきたと楽しみにしていたのですが、初日の1次リーグで草加西高校に負けてしまったことが最後まで大きく影響しました。決勝リーグでも1位になれるチャンスがあっただけに、悔しい気持ちでいっぱいです。それでも、9月の新人大会で獲得できなかったシード権を取れたことは、大きな収穫でした。

今回の大会を通して、前回より上達できた部分も分かりましたが、自分たちの足りないところもハッキリと見えてきました。これからも今まで以上に練習に取り組んで、4月に行われる学総大会ではベスト8以上に入って団体戦での県大会出場を実現したいと思います。

今年も頑張ります!!!

 

三郷市学生ダブルス大会 結果報告

12月22日(日)行われた、

【三郷市学生バドミントン選手権ダブルス大会】の結果です。

本大会は三郷市内及び近隣の高校が参加する大会で、人数制限がなく全員出場できます。

今回の女子の参加校は、三郷・三郷北・越谷東・松伏・八潮南・草加東・草加南・草加の

8校で、ダブルス1部47組・ダブルス2部(1年生初心者)13組が出場しました。

 

*ダブルス1部

準優勝  村上(2年)・兵庫(2年)

ベスト8 五十嵐(2年)・佐藤(2年)

     曽根(2年)・戸村(2年)

 

*ダブルス2部

第3位 佐藤(1年)・生形(1年)

 

残念ながら優勝することが出来ませんでしたが、村上・兵庫ペアは決勝で1-2の惜敗、五十嵐・佐藤ペアもベスト4に入ったペア相手にファイナルゲームまで戦いました。また、曽根・戸村ペアは2回戦で、11月に行われた草加市内高校生大会で準優勝した草加南ペアに勝ち、大金星を挙げました。8月に行われた三郷市学生バドミントン選手権シングルス大会では、賞状が取れずに2名がベスト8に留まってしまった結果を考えると大健闘でした。

まだまだ安定感に欠けるかもしれませんが、他のペアも含めて全体的にレベルアップしていると思います。特に今回は、2年生の頑張りが目立ちました。

 そしていよいよ次の大会は、1月17日から始まる「東部支部大会」です。

この大会の団体戦は、4月に行われる東部地区大会団体戦のシードを決める大切な大会です。

9月に行われた新人大会ではシードが取れなかったので、「東部支部大会」ではベスト8以上を目標に頑張ります!!

 

草加市内大会 結果報告

11月4日(月)に行われた、【草加市学校体育大会(高校生の部)】の結果です。

本大会は草加市内4校の高校生大会で、全員がシングルスとダブルスに出場できます。

今年は全体で、シングルス1部61名・シングルス2部(1年生初心者933名・ダブルス1部

32組・ダブルス2部(1年生初心者)18組が出場しました。草加高校からは、シングルス

(1部25名・2部8名)・ダブルス(1部13組・2部4組)が参加しました。

 

*シングルス1部

第3位 勇(1年)

 

*シングルス2部(1年生初心者の部)

第3位 生形(1年)

 

*ダブルス1部

第3位 村上(2年)・兵庫(2年)

 

*ダブルス2部(1年生初心者の部)

第2位 佐藤(1年)・樋口(1年)

 

一昨年までは、ダブルス1部6年連続・シングルス1部5年連続で優勝していましたが、

残念ながら昨年に引き続き今年も優勝する事ができませんでした。この悔しさをバネにして、

次の大会に向けてこれまで以上に練習に取り組んで行きたいと思います。

次回は、12月22日に行われる「三郷市学生バドミントン選手権ダブルス大会」です。

 

【新人大会東部地区予選会】団体戦の結果

9月9日(月)・10日(火)に行われた、

【新人大会東部地区予選会】団体戦の結果です。

今大会は出場校36チームを8ブロックに分けて、1日目に予選リーグを行います。

そして、予選リーグで1位または2位になると、2日目の決勝トーナメントに進みます。

試合形式は2複3単で、D1・D2・S1・S2・S3の順に試合を行い、S1以外は単複

を兼ねて出場することができます。

また、今大会は8月に行われた個人戦の結果をポイント換算してシード校を決めています。

ポイントを持っていた学校は15校で、本校と同じ1ポイントの学校は6校あり第9~第14シードの抽選をしました。その結果、第12シードとして出場しました。

 

団体戦メンバー(髙島・村上・兵庫・勇・宇野・中越・萩原)

*予選リーグ(4校)

第1試合:0-3 久喜北陽高校(第5シード)

第2回戦:3-0 獨協埼玉高校

第3試合:3-0 三郷高校

   ※ブロック2位で、各ブロックの2位校によるトーナメントに進みました。

*2位グループトーナメント(8校)

     1回戦:0-3 久喜高校(第13シード)

   順位決定戦:3-2 鷲宮高校(第9シード)

全体の順位は13位または14位となり、次回大会でのシード権は獲得できませんでした。

 

負けた試合も競ることができましたが、やはり最終的に勝ち切れないところが今の実力です。

今回の大会を通して、足りない部分や課題もハッキリと見えてきました。

次回の団体戦は、来年1月に行われる東部支部大会です。

団体戦ベスト8以上を目指して、今まで以上にこれからの練習に取り組んで行きます。