草加高校の教育活動

今日の草加高校

通常授業が始まりました。

 6月8日(月曜日)、分散登校による通常授業が始まりました。

 2,3年生はおよそ3か月振り、1年生は高校生になって初めての授業となりました。

 

 やや緊張した面持ちで授業に臨む生徒、通常授業が始まり落ち着いた様子で取り組む生徒など様々な側面が見られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2学年宿題考査

 6月3日(水曜日)に第2学年の宿題考査、学年集会、

学級開きが第3学年、第1学年同様に行われました。

 

 学年集会では、校長先生、学年主任の話をはじめ、進路選択などの説明が行われました。

 考査中、生徒は集中した態度で臨んでおり、学校再開後の成長に期待を抱かせてくれました。

 

 この3日間で、全学年が登校することができ、学校にも活気が戻ってきました。

 来週からクラスを奇数班、偶数班に分けての分散登校が始まります。

 生徒の皆さんが元気に登校してくることを教員一同、心待ちにしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1学年宿題考査

 6月2日(火曜日)に昨日の第3学年と同様、第1学年の宿題考査、学年集会、

学級開きが行われました。クラスを半分に分け、生徒たちは間隔を十分に広くとった状態で臨みました。

 

 1学年の生徒は初めての考査であり、緊張した面持ちで考査を受けていました。

 

  学年集会では、校長先生、学年主任の話をはじめ、学年団の紹介、文理選択についてや、

整容、進路、学校での過ごし方などの説明が行われました。

 

 1学年の生徒、教員が初めて顔を合わせる機会となりました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3学年宿題考査

 6月1日(月曜日)に第3学年の宿題考査が行われました。クラスを半分に分け、

生徒たちは間隔を十分に広くとった状態で受験しました。

 

 その後、5時間目に体育館で学年集会を行いました。

生徒たちは設置されたマーカーをもとに、距離を意識して集会に臨みました。

 

 また、6時間目には、各学級で学級開きが行われました。教室よりも広い部屋を利用することで、

密閉、密接、密集を防ぎました。

 

 今年度初めて3学年全員が集まる機会となり、生徒たちから明るい笑顔がこぼれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準備登校日

6月1日(月曜日)からの学校再開に先立ち、

5月29日(金曜日)に午前と午後の2つに分けて、準備登校が行われました。

久しぶりの登校でしたが、密閉、密集、密接を避けて資料配布や今後の説明が行われました。

明るく元気な生徒の姿が学校に戻り、有意義な1日となりました。