草加高校の教育活動

今日の草加高校

スタディサプリ登録

本日1学年の総合的な探究の時間を利用して、リクルート社が運営する「スタディサプリ」の登録が行われました。
CM等でお馴染みのスマホなどを活用した予備校の授業配信です。

先月の分散登校期間中は本校の全教員によるオンラインによるハイブリット授業が展開されました。
今月からスタディサプリなども活用しながら、効率よく勉強時間を確保していきます。

 

 

教育実習生が来ています

 

こんにちは!草高HP日誌担当です。

先々週から、教育実習生が1名来ています。今回は、養護教諭を目指す彼女が毎日、授業に取り組んでいる様子をお届けします。

 

1年生の保健の授業の様子です。

先週の段階では、まだ分散登校中であったので、対面とオンラインを合わせたハイブリッド授業を行っていました。

経験のある教員でも苦労している中、真剣に授業に取り組んでいる姿が見受けられました。教育のICT化が進んでいる中で、今後必要になっていくスキルなので、貴重な体験ができたのではないでしょうか。

 

 

 

最後に、草加高校卒業生である彼女に、当時の思い出と今の本校のイメージを聞きました!

「私が生徒だった時は、女子はスカート、男子はズボンでしたが、女子に関しては、選ぶことができるようになっていて、時代の変化を強く感じました。ジャージに関しても、私の時とは変わっていて、違和感を感じました。

今の草高は、遅刻をする生徒が少ないと思います。私が生徒の時は、上履きを履く時間すらなく、靴下で廊下を走る生徒が何人もいました。今は朝は時間に余裕を持ち、落ち着いて過ごすことができていると思います。また、私が高校生だった頃とは異なり、行事等にも制限がかかっている状況が続いてますが、今できることを生徒なりに楽しんでいる様子が伝わってきます。

保健の授業の際には、自分の話をよく聞いてくれていて、細かい部分まで板書してくれました。ノートづくりが上手いという印象を持ちました。」

 

1学年探究活動の様子

 

こんにちは!草高HP日誌担当です。

1学年では、探究活動の一環として、SDGsについて調べる学習を行っています。

SDGsが設定された背景と、その現状について知り、自分のライフキャリアと社会の関わりについて考えることを目標に取り組んでいます。また、探究活動を通して、自分の意見を述べ、友人の意見を聞く機会を持ち、人前で発表するスキルを身に付けることもできます。

 

本日7限の時間には、クイズとグループワークを行いました。

15年前の世界と今の世界についての統計資料を見て、クイズに答えている様子です。

生徒たちがグループで話し合いながら、考えている姿が見受けられました。

 

また、後半には「このまま問題が進んだ場合、15年後の世界がどのようになっているか、予測しよう」というテーマでグループディスカッションを行いました。普段の授業から、グループワークを行っている成果が出たのか、どのクラスも活発に行う様子が見受けられました。

最後に、生徒のスマートフォンとChromebookを利用して、学年全体での情報共有を行いました。草加高校ではICTも積極的に活用しています!

 

次回は、グループでプレゼンの準備をする様子をお届けします!

 

 

【中高連携担当より】第4回学校説明会・部活動見学を実施いたしました。

10月2日(土曜日)学校説明会及び部活動見学を実施いたしました。

今年度も以下の「新型コロナウイルス感染症」防止対策を徹底しながらの説明会となりました。

・参加人数を制限し、ホームページでの事前申込制 

・入場時の検温・手指消毒の実施

・QRコードによる受付 

・教室入室時の手指消毒の実施 

・Google Meet による各教室での動画視聴による説明会

・校舎内は一方通行 

部活動見学は限られた時間の見学となり、参加いただきました中学生・保護者の皆さまに御不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

学校説明会アンケートにも多くの意見をお寄せいただき誠にありがとうございました。

今後の学校づくり・中高連携業務をより良いものとしていきたいと考えておりますので、御参加いただきました皆さまには当日配布しましたQRコードよりアンケートの回答をお願い申し上げます。

 

※今回の説明会では吹奏楽部(駐輪場警備誘導)、男子バスケ部(受付と校内誘導)、JRC部(退場時の校内誘導)の生徒がボランティアとして参加しました。文化祭で使用したリストバンドをつけて活動を行いました。

 

 

 

 

オンライン授業 第2週目

草加高校では、この分散登校期間中、全ての授業とホームルームを、対面型とオンライン型のハイブリッド展開をしています。朝のSHRから半分の登校している生徒と自宅でオンラインで視聴している生徒それぞれの出欠確認から始まります。5教科だけでなく、体育や芸術、家庭科などの実習科目も全てハイブリッドで実施しています。

第2週目に入り、先生方も板書の効果的な見せ方やパワポ動画の画面共有など、オンライン授業のスキルも向上してきました。全ての授業が演習を交えながら40分でコンパクトにまとまっているので、「ずっとオンラインでもいいです」との生徒の声も聞かれるようになりました。

 

 

また、部活動の大会が近い生徒は、Wi-Fi環境の整った図書館でオンラインで受講します。スマホを前に置いて、教科書、ノートを広げて授業に向かう姿も様になってきました。

 

本日は生徒会の立会演説会と役員選挙も、教室と自宅の両方でオンライン実施しました。事前に立候補者の政見放送を音声で視聴しておき、当日に応援を含めた演説動画を視聴し、GoogleFoamsで投票するという流れです。国政選挙の一歩先を行く選挙となり、大変スムーズに進行できました。今後のデジタル投票の行方を占うような行事となりました。