前回の補足と「CKやクロス等、サイドからの攻撃に対応したポジショニング」

「前回の補足」

チェレンジのプライオリティ(優先順位)の最上位はパスカット/インターセプトです。

オンで奪う(相手から)だけでなく、正しいポジションから仲間と連携・協力してパスカットを狙い・奪う。オフのディフェンスの質を高めなければいけません。

 

昔、知り合いの指導者が正しいポジションを取っているとパスカットは狙えない。パスカットを狙う必要はないと選手に言っている場面を観たことがあります。

そうでしょうか?

 

現JFA会長の田嶋氏が以前、正しいポジションでチャレンジとカバーを連携・連続して行っていれば、必然的にフラットになるとおっしゃっていました。その通りだと思います。

 

「ワンサイドカット」で外に追い込む「やり方」は一般的・古典的な対応です。

しかし、よく考えてみてください。ワンサイドカットのポジショニングも正しいポシジョンではありません。後方の選手と連携した「やり方」の一つです。

 

昔はつるべを引く、セーフティファーストと教わりました。この方法でチャレンジの最優先であるパスカットを狙うことは確かに難しいと思います。

チャレンジの優先順位と両立させるにはボール保持者への対応を「ワンサイドカット」から「縦を切る・突破させない」という「やり方」にすれば良いのです。この「やり方」ならパスカットを狙いやすくなるはずです。

これが今のスタンダードであり、パスカットを積極的に狙う攻撃的なDFです。

 

ただ、完璧なやり方はありませんし、一つではありません。やり方・方法は選手個々の能力・特性に応じて、基本をベースに工夫・確認しながら作り上げていくべきだと思います。

 

本来であれば、4種年代で基本を身に付けていて欲しいのですが、草加高校の現実はそうではありません。どこまで出来るか解りませんが、地道にコツコツと取り組み、少しでも質を高め、質を感じられるプレーをしてもらいたいと思います。

 

話を戻します。

「やり方」と「基本」を混同するから、最初のような「パスカット出来ない」という話になってしまうと思います。

基本・本質を考え・捉えることを忘れないように注意したいと思います。

 

「CKやクロス等、サイドからの攻撃に対応したポジショニング」

 

 

l  ニアサイドでは、相手とゴールを結んだライン上でボールとマークを同一視することは可能(A B)

l  フォアサイドで同様の基本ポジションを取った場合、同一視は難しくなる(C)

l  フォアの場合は、同一視を優先したポジショニングを取る必要がある(D)

Ø  セットプレー等では相手に触れる距離を保ち、手をアンテナにして視野+αで対応する