チャレンジ&カバー②

①    アの動きが1番危険

(ア) 後方のDF・BCが連動してラインアップしてBがアプローチチャレンジしても、Aがイへのパスに釣られてしまうと①の飛び出しにラインを突破されるリスクが高くなる。

(イ) かといって、イにノーアプローチでフリーにするということは、アの飛び出しを容易にするだけでなく、数多くの選択肢を与えてしまうことになってしまう。

(ウ) ではBがアプローチし、Cがリスクマネージメントをした場合どうなるだろうか?

l  まず考えられることは、互いの距離が離れてしまい、相手に広大なスペースを与えてしまう。後、オフサイドの間接的なプレッシャーが無くなる。

l  イがウにパスを出した後の動きがどうあれ、Cがリスクケアをすると図の右側に特に大きなスペースを与えてしまう。

②    チャレ&カバで無い対応

(ア) Aがイに連続して対応し、Bがアのケアをする方法がリスクは少ない。

l  しかし、ボールを奪う事は難しい(カバーリング重視でチャレンジに欠けている)

③    チャレ&カバの基本的な考え

(ア) 守備と攻撃の連動性を高めること・一体化させること

(イ) ボール保持者の縦の動きを制限し(ディレイや後方のDFとの連携)、突破させない。

 

Ø  守るだけなら、②の方法がベスト

Ø  奪って攻める(チャレ&カバ)なら(具体的にどうするのがベストだろう?)

²  Aのアへの対応の仕方がポイントになる

²  ゴールまでの距離にもよるが、GKのリスクケアもポイント。

(例)Aがアのセカンドプレーで身体を当てるなどしてワンプレー遅らせる、特に縦に行かせてはいけない。

   この「縦を止める、ワンプレー遅らせる」がポイント・重要。

   後、GKとの連携(リスクマネージメント)が必要。