新人戦東部地区大会決勝 57期 吉田組

新年あけまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

昨年は2019ラグビーワールドカップでラグビーが盛り上がりました。

2020も高校の花園大会や、トップリーグの開幕戦などラグビーの勢いを感じさせますが、

1月11日土曜日、草加高校グランドで行われた埼玉県東部地区大会決勝にも、多くの方が観戦に訪れて頂きました。

天候も風もなく、グランドの状態もまずますの状態で、

11:45、東部の強豪、獨協埼玉高校との対戦がKOされました。

 

詳しく書こうと思ったのですが、…

結果は5-26で負けました。

前半、15分間ほどんどを守備で費やしましたが、1チャンスで先制トライ。

しかし、直後、KOでミスをして、あっさり、FWにトライを取り返されます。

その後も、どちらも決め手を欠く展開となりましたが、キックチャージしたボールが草加の選手に入りかけたのですが

こぼれ球が相手のエースFB(15番)に渡り、見事に走り切られ5-12で折り返します。

後半、チャンスは草加の方が多い展開でしたが、

11分にスクラムからサインプレー1発でまたもやFBにトライを取られます。

その後も、敵陣で攻め込み、ミスをしては陣地を取られるの繰り返し。

終盤、中途半端なキックから、相手の逆襲を食らって、三度、FBにトライを許し、5-26の敗戦でした。

 

昨年の事は関係ないのですが、昨年は、この大会を優勝していたこともあり、どこかで、勝てるのかもしれない、

と安易に考えていたのかもしれないですが、獨協埼玉の選手たちの気迫が素晴らしかった。

 

なかなかラグビーの試合を見てもらえる機会もないので、良い所を見せたいと思ったのかどうかわかりませんが、

知らず知らずのうちに、力が入って、体が固くなっていたのかもしれません。

昨年の今頃は、インフルエンザや怪我人で15人ピッタリで試合をしていましたが、今年は、27人。

マネージャーも入れると31人のラグビー部は、どこかで他人に依存していたのかもしれません。

 

もっと、自分から気づき、行動を起こす選手が増えてくれるといいなあと思います。

 

東部地区連覇はなりませんでしたが、来週から、新人戦の県大会が始まります。

落ち込んでいる場合ではないので、県大会で1つでも多く勝てるように練習します。

 

できるだけしか発信できませんが、HP上で、情報を載せていきます。

今年もお付き合いのほどを、よろしくお願いします。

 

下の写真は、現3年生、56期 島貫組の先輩たち。応援に来てくれました。

先輩たちの前で、優勝することはできませんでしたが、試合後、先輩たちからアドバイスをもらっているようでした。

これからも練習に来れる時は来てくださいね。

※ちなみに、彼らは進路決定しておりますので、ご安心を。