SRFC リレー日記 ⑳石原 凌

こんにちは

20日目を担当する石原です

 

まずは入学試験お疲れ様でした。

 

自分はまだ1年生なので順調にいけば来年は2年生に進級し、晴れて皆さんの先輩になります!!

 

そして自分は、ラグビーの詳しいことをあまり知らないので、

今日は1年間の部活動を通して感じた部内の雰囲気について語りたいと思います。

 

まず、2年生の先輩方はほんとに元気で常に騒がしいです。日々の練習で疲れていても何故か元気です。  

かわいい後輩にしつこく絡んでくる先輩もいます。

 

次に、1年生はというと…やはり元気です。

練習が終わった後もなかなか帰らずマネージャーさん達を困らせるのが1年生のやり方です。

タチが悪いです。でもやめません。

 

そんな部員をまとめる顧問の先生は言うまでもなく元気です。

どの部員よりもやる気と元気と筋肉を持ち合わせていて、もうすごいです。ほんとに。

 

自分が1年間の部活動で感じたことはだいたいこんなものです。

この部活が魅力的に思ったあなたは多分めちゃめちゃ元気です。ぜひラグビー部に入って一緒に騒ぎましょう。

 

部活動見学で会えることを心待ちにしています。

 

(注)彼も勉強とラグビーを両立して頑張っています。

   時々、引用する言葉ですが、

   之を知るもの、之を好むものに如かず、

   之を好むものは、之を楽しむものに如かず。

   孔子の論語ですね。今年の大河ドラマ、渋沢栄一の「論語と算盤」でも

   注目されていますね。

   何事も、楽しめたら、最高ですね。

   きついことや厳しいことも楽しめるメンタル、欲しいですね。