ラグビー部新入部員紹介&リレー日記第2弾18日目㉟中尾亮太㊱法橋耀大㊲張替勇人

この記事にたどり着いた方々、

お疲れ様です。

暑さもひと段落ですね。

なかなか、草加高校ラグビー部OBOGや、草加高校ラグビー部のことを気にしてくれる方々に

部活動の様子を見ていただく機会がなく、また、例年は、そういった関係者の来校により、

練習の雰囲気がさらに上がったり、シーズンの到来を感じるのですが、

今年はまだ秋の大会が始まるのか、実感がありません。

開会式であったり、OBOGの来校だったり、保護者会の決起集会だったり、

季節ごとの恒例行事は大切ですね。

 

㉟中尾 亮太  越谷富士中  柔道

こんにちは中尾亮太です、

コロナによって制限がついた文化祭も終わり、 周りの三年生は残すは受験だけとなり

目の色を変えて勉強している と思います。

しかし! まだ草加高校ラグビー部にはやることがあります。

それは県ベスト8以上に入るということです。

これを達成するチャンスは今回の花園予選しかありません。

そしてこの目標を達成するために3つ目標を立てました。

 

1つ目、スクラムでプレッシャーをかける

僕は右プロップをやっていてスクラムの安定は1番重要なプロップの仕事です。

今年の草加の強みはスクラムです。

このスクラムで押されてしまうとFWのモチベーションも下がったり、

スクラム後のBKのプレーにも影響が出てしまいます。

逆に押すとFWのモチベーションやBKのプレーのレパートリーが増えるのはもちろん相手へ

プレッシャーをかけることができます。

特に今回の2回戦の正智深谷高校はスクラムに自信を持っているので

スクラムを押すか押されるかは重要だと思っています。

 

2つ目、誰よりもタックルにいくこと

自分の強みはタックルだと思っているので得意分野でチームに貢献したいと思います。

正智深谷高校はFWが大きいので相手のFWをゲインさせない、

または押し返せるタックルをするとチームの調子も良くなると思うので

チームの流れを作りたいと思います。

 

3つ目、誰よりも声を出す

これは上の2つと比べると抽象的ですが、 ラグビーは15人でやる競技で、

ほかのスポーツに比べて人数が多いです。

そしてその15人の意思を統一しなければいけないため、

1つの手段である声は重要な要素になってきます。

それには相手のDFや、 その時々の戦況をみて判断できるということが必要となってくるので

今までの部活での経験や、 ここからの約1ヶ月意識をして頑張りたいです。

 

最後に

この花園予選で負けてしまうと僕らは引退となってしまうので、

張替組として1日でも長く部活ができるように

一戦一戦勝ち切って 悔いの残らないように全力を尽くして頑張ります。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

【顧問より】

越谷富士中5人衆の最後、中尾兄弟の背の高いほう。気が優しくて力持ちを地で行く感じ。

同級生から何されても怒りませんが、試合になると大きい体で運動量も豊富、敵に回したくない

選手です。タックルにボールキャリーに仕事量は、チームトップクラス。

ラグビー部では3年間で10kg以上体重が増えることはよくありますが、彼の場合、

筋力は上がっていると思いますが、体重は10kgほど下がっています。

もともと100kg近くあったのですが、本人が色々考えて、今の体重になりました。

夏休みの練習後は、よく学校に残って勉強している姿も目にしました。

ラグビーは15人のいろいろな才能が絡みあいチームとして力を発揮しますが、

特に、FWが重要な役割をまず担います。

彼が言うように、ラグビーはセットプレーから始まります。

そのセットプレーは、FWが担当します。そのリーダーの彼にかかる期待は大きいのですが、

彼と今年のFWなら期待に応えてくれるでしょう。そのためには、初戦の、早大本庄戦が

大切ですね。

 

㊱法橋 耀大  川口戸塚中  陸上部

副部長の法橋耀大です。

コロナ禍で練習が不足している中で、 1人1人が自分のやることを考えて自主練を行っています。

ですが、本当に練習量が足りてるかと聞かれたら正直足りません。

だから、そんな中だからこそ、 限られたラグビー部としての練習を

毎回大切に濃いものにしたい。

 

僕は、入学した時ラグビーという競技なんて興味もなく、むしろ知らなかったです。

でも、今ラグビー部の一員です。 そして、10という背番号をつけてスタンドオフという

大切なポジションを任されています。また、素晴らしい仲間達がいます。

こんな最高な経験ができている。こんなことを時々思っていました。

 

こんな最高な日々も今回の大会で最後…

とても心が苦しいけれど、

残りの大会までの練習や部員との日々を大切に過ごすしかありませ ん。

 どうせなら、それだったら、 出来るだけ長く最高の仲間と最高のラグビーを楽しみたい。

 方法はたった一つ。

 残された大会で勝ち進んで、その残りの日々を伸ばすしかない。

 

よって、僕の今大会、最後の大会の抱負は、

ベスト8以上!いや、 ベスト4!いやいや、花園出場しかない!!!!

 

 【顧問より】

彼は、真面目ですね。ラグビーノートも、誰よりもしっかり書いています。

几帳面すぎて、判断がしっかり出来ないときに迷ってしまったり、

落ち込んでしまったりするので、私に怒られます。失敗ではなく、止めてしまったり、

何もしないときに怒ります。それでさらに落ち込む、ようなこともあったのですが、最近は、

しっかり、意見を言うようになってきました。スポーツは結果論みたいなこともありますよね?

うまくいけばOK。みたいな。しかし、それもあるのですが、

私と意見が一致することが目的ではなく、試合に勝つ、事が目的なので、

そのためには、グランドの選手の意思統一ができていれば、OKです。

9月になったこの段階では、

私の想像を超える判断を選手たちができることを楽しみにしています。

BKは、FWと違い、ミスが目立ちます。だれの責任かはっきりわかります。

さらに、ゲームコントロールを求められます。

最後まで、スキルと判断の向上をBKには目指して欲しいです。その中心が彼ですね。

一番長く試合をしたい、という気持ちは大切。そのためには、1つ1つ勝利を積み重ねる事。

まずは、早大本庄に全力で臨むことですね。


 
 ㊲張替 勇人  越谷武蔵野中  バスケ部

こんにちは、

草加高校ラグビー部主将の張替です。

ポジションはロックというところをやっています。

今年の草加は3年生の数も多く才能のある選手がとても多いです。

たまに仲間のプレーが凄すぎてチームに貢献できてないのでは、 と思うことが度々あります。

また2年生は数は少ないが全員がポテンシャルを秘めてる気がしま す。

一年生はもう体が出来上がってる者やヒットやタックルがすでにめっちゃ強い者もいます。

OBとして来年、 再来年の草加高校ラグビー部の活躍が楽しみですね。

その前に私達は今、最後の大会を控えています、

第一回戦の相手は早稲田大学本庄第一高校です。

頭いいですよね、 この高校とは去年の吉田組の最後の大会でも闘い

それから何回も当たるというような運命を感じるかのような当たり具合です。

早大本庄には毎回勝っているのですが前回当たった時は、

草加高校のミスで1トライされているため、

今回は0点に抑え、 トライを取りまくりたいと思います。

そして、 第二回戦はシードが上がっくるとすると正智深谷高校です。

私たちの目標は、ベスト8以上。 それを突破するのには正智を倒す必要があります。

これを見てるほとんどはラグビー部だと思ってるので言います

最期にもっとやればよかったとかか思うなよ

残された時間で出来ることは全部やって行こう

最期の大会で草加高校ラグビー部が過去最高のプレーをできるよう みんなで闘おう!

そしてこの記事を見ているかもしれない希少な方達へ

草加高校ラグビー部の応援よろしくお願いします

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

【顧問より】

ラグビーは、特にキャプテンが重要ですね。それは、高校ラグビー部でも、同様です。

ラグビーは、選択肢が無数にあるので、その中から、何をするのか?今、何が問題なのか?

グランドでの判断は、リーダーたちに委ねられます。今年の、キャプテンは張替であり、

ラグビーではキャプテンの名前から、そのチームを『張替組』と表現します。

別に、反社会的なプレーをしているわけではないのですが、ラグビーという競技の特性ですかね?

自己犠牲や忠誠心、他人のために、自分のために、誰かのために、のような概念から

来ているのでしょう。

今年の『張替組』は、今のところ、県ではベスト16です。

東部地区(昌平高校は県大会から出場)で優勝したり、

ベスト4が出ていない国体予選ではベスト8になっていますが、惜しい所で勝ちきれません。

そのあと少しが、大きな違いなのですが、近年の草加高校ラグビー部の新たな扉を開けるのは、

彼しかいませんね。

昨年もそうでしたが、夏合宿はなく、練習に制約も多く、

1年で考えると練習が満足にできない日々が多くありました。

OBOGの来校も制限され、部活動後の補食にも制限かかりました。

どの学校も同じなので、草加だけ、という思いはないのですが、

こんな状況でラグビー部のキャプテンを務めるのは

私も知らない苦労があったのだろうと思います。

少しづつ良いキャプテンに、なりつつあります。人間的にも成長しています。

最後は、部全体が、彼のために、という組の忠誠心が試されていますね。

とにかく、感染予防、ラグビー練習、分散登校、できることを全力でやりましょう!

 

長々とリレーしてきたこの日記コーナー。

今日の3人で最後になります。

恥ずかしがり屋さんが数名いますが、どこかで皆様の前に披露できたらいいですね。

 

今度は、全国大会予選の結果報告ですね。

皆さんに、良い知らせができるように、頑張ります。

 

ここまで、読んでいただき、ありがとうございました。

では、また。