学校再開、部活動再開にむけて

ご無沙汰しています。

前回の投稿から、2か月経ってしまいました。

何をしていたのか?とお叱りを受ける所ですが、

なかなか明確な事を伝える事ができず、徒に、時を過ごしてしまいました。

「時を戻そう」とは、いきません。失われた時間を嘆くのではなく、

これからをどう過ごすか、共に、考えましょう。

 

ラグビー部員の2,3年生、『今できる事を全力で』やっていますか?

 

なんて、白々しいですね。

ラグビー部では、GW頃からzoomを使って、ミーティングとトレーニングを

行っています。勿論、それ以外に、各自で走るなどのトレーニングは行っている、はずです。

現在は、水曜日に各学年でミーティング、土曜日は全体でトレーニングが定着して来ました。

ラグビーも先の事は未定ですが、現在、全国予選を開催する方向で動いています。

他の3年生は、戦わずして引退を勧告されてしまい、言葉も有りませんが、

君達には、まだ、チャンスが残されています。

是非、草加高校全体の部活生の気持ちを、背負って頑張ってもらいたい。

その為には、今、もたもたしている場合ではないです。

心技体、学力と体力、そして人間力を向上させ続けましょう!

これで良い、と満足したら、成長は止まりますよ!

 

そして、今日はもう一つテーマがあります。

というか、今日から、ですかね。

そうです!

新入生に向けてのメッセージです。つまり、部活動加入の呼びかけです!活勧誘です!

 

読むのやめようと思った1年生、

ちょっと待った!

 

今回は、最初なので、部活動についての話です。

草加高校は(とういうか、どこの学校も)、勉強と部活の両立を掲げています。

勿論、実際、高い次元で両立させることが出来る生徒は、県内探しても多くはないでしょう。

勉強と部活は、お互い足を引っ張り合うものではありません。

実際、運動部に入っている生徒で、成績上位者が多いのも事実です。

文化部でも活動が忙しい部もあります。それでも、成績の良い訳にはなりません。

草加高校の生徒は、私が思うに、自分達が思っているより、潜在能力はあります。

 

しかし、ほとんどの草高生(草加高校の生徒の事:縮めて””くさこうせい”)は、

自分への評価が低いです。そして、甘いです。もっとやれるのに、チャレンジできるのに、

楽な方向に流れやすいです。

最近は、持病を持つ生徒や、家庭の事情など、部活をやりたくてもできない生徒もいるなかで、

草高生は、自分の体力や、人間力、一生付き合える仲間、たくさんの思い出、などを部活からも

手に入れる機会を、確保してください。

クラスという所属はありますが、色々な面から、部活という所属グループも作ってほしい。

クラスが合わない時の、退避場所にもなります。草加高校のどの部活も良い部活です。

 

人間は、ある程度のプレッシャーの下で、成長します。

自分で自分に負荷を掛けられる生徒は、勉強も部活も伸びます。

中学の時の部活でも良し、新たな部活も良し、それがラグビーなら、なお良し!

 

我々、草加高校の教職員は、草加高校の生徒の成長を願っています。

願うだけでなく、考え、行動に移します。

今回のコロナ禍に関しても、君達の今後の高校生活、今後の人生についても、

答えは一つではないし、答えは有りません。自分で考え、行動する事が、大きな差になります。

間違うことに、失敗することに臆病にならず、自分の可能性を低く見積もらず、

トライ&エラーを繰り返しながら、成長できるといいですね。

その為には、勉強は勿論ですが、部活も、行事も、大きな要素です。

是非、真剣に考えましょう。

幸い、分散登校後に部活動が再開するので、少し、時間があります。

今日は、部活動全般に話をしましたが、次回からは、ラグビーという競技について、ラグビー部という部活について

話をしていきたいと思います。

もし、可能ならば、部員からのメッセージ、動画も載せていけたら、と思っています。

 

長くなりました。ここまで、読んでいただいた方へ、感謝申し上げます。

また、次回。