ラグビーについて(1) 概論①

ラグビー部HPの更新を心待ちにしていただいている皆さん、

今回は、ラグビーについてお話させていただきます。

特に、新入生に読んでいただきたい。

勿論、草加高校の在校生や、OBOG、今までラグビーと距離があった方も、ラグビー経験者も

基本的な事ですが、ラグビーをできるだけわかりやすくお話しできたらと思います。

 

まず、人数ですね。

15人と、球技の中では一番多い人数です。

つまり、レギュラーになる可能性高い!

その上、様々なポジションがあります。

2019ラグビーワールドカップ日本大会において、

われらが日本代表がベスト8に進出したのは記憶に新しいですね。

そこでも

横に大きな選手、縦に大きな選手、キックが上手な選手、スピードのある選手、

小さくてもすばしっこい選手など、

様々なキャラクター(笑わない選手、すぐ泣く選手など)が、居ましたね。

同じく草加高校ラグビー部(SRFC)でも、様々な出自の選手が居ます。

中学校時代、文化部出身でも、下級生からレギュラーで活躍し、地区選抜選手になった選手、

足が速くなくても、当たる事が得意で、突破役として活躍する選手(ドッチボールで転んで骨折してました…)、

普段、おとなしくても、ラグビーが始まるとスイッチ入って、豹変するジャッカルが得意な選手(姫野で有名に…)

他にも特徴的な選手がいますが、

機会があれば、紹介します。

 

ラグビーは、自由なスポーツです。

ボールを持って、何歩でも走れます。ぶつかる事も可能。パスも、キックも可能。

※前に投げる事はできません。スローフォワードという反則です。

自由度が高いので、自分でプレースタイルをカスタマイズすることが可能です。

体は強いけど、ボールの扱いが苦手な人は、極端な話、ボールを触らずにラグビーの試合で、

勝利に貢献することが出来ます。反対に、接触に自信が無い人は、仲間にカバーしてもらいながら、

得意分野でチームに貢献することが出来ます。

今までの競技で、力を発揮しきれなかった人、一度、試してみる価値はありますよ。

 

ラグビーは、ほとんどの選手が高校から始めます。

つまり、スタートが同じ。

新しいものにチャレンジしたい人、個人種目でなく、みんなで何かを達成したい人、

速い人、強い人、高い人、上手い人、やる気がある人、勝ちたい人、仲間が欲しい人、

どうぞ、ラグビー部へ。

でも、一番、大切なのは、『気持ち』だけです。

身体的な特徴、運動能力、他の運動経験も大事ですが、

『強くなりたい』『上手くなりたい』『変わりたい』という、向上心と素直な気持ちが、大事です。

新しい世界に心配せず、飛び込んできてください。

 

「中学の部活で良いかなぁ~」

ちょっと待った!

 

是非、ラグビーを一度、やってみませんか?

まだ、部活が再開していませんが、仮入部期間に体験に来てください。

ラグビーは体育の授業でも、やる事があります。

勉強も予習が大切です。ラグビーも予習しましょう。ラグビー部入部は別にして、まずは体験入部ですね。

 

人数が15人、多彩なキャラクター、やる気があれば心配ない、自由度、スタートが同じ、予習感覚、

なんてことを書いてきました。

 

あれ?

one for all、all for oneは?

少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の心を抱かせる、は?

ウイリアム・ウェッブ・エリス伝説は?

と、荒ぶっている方も多いかもしれません。

そうです。勧誘に特化した話をしました。

なので、次回は、そういう話もしていきたいと思います。

 

ここまで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

次回をお楽しみに。では、また。