文化祭企画 好評でした

文化祭に来てくださった皆様、ありがとうございました。

例年通りの企画に加えて、今年は「錯視・錯覚」の展示・実験を行いました。

無いはずのものが見えてしまったり、まっすぐなものが曲がったり、図が動いて見えたり、不思議でしたね。


暗闇の中で、滴(したた)り落ちる水滴が空中に静止したり、浮き上がって行ったり、いったいどのような仕組みなんでしょう?


黒だと思っていた影に色がつく? どのような仕組み なんでしょう? 
見そこなった人は次回は是非ご覧ください。


その他、例年通りの「皿回し体験」や


「スライム」づくり、 「つかめる水」体験、「DNAストラップ」「紫外線ストラップ」販売、「ビスマス結晶」展示も好評でした。


あと、実は「プラネタリウム」が初公開されていたのですが、何なのか良くわからなくて素通りされてしまったのが残念でした。