草加高校の教育活動

2012年3月の記事一覧

終業式を行いました

                                       終業式
 
 3月23日にH23年度終業式を行いました。
 校長より、「卒業して母校に誇りを持てる人になりなさい。
そのためにも、そのときそのときで、できることを精一杯やって欲しい」旨のお話がありました。続いて指導部より、携帯電話のマナーと春季休業中の生活についてのお話がありました。
  終業式後、そのまま伝達表彰と壮行会を行ないました。
詳しくは次のPDFをご覧下さい。
 
 
 
 

入学許可候補者説明会実施

タイトルの通り入学許可候補者説明会を19日(月)実施しました。
当初の予定の説明の終了後、新1年生の修学旅行の行き先が発表になりました。行き先は台湾。会場からは感嘆の声が上がっていました。
最後にPTA役員選出が行なわれました。写真はその模様です。

小論文講演および小論文テストを実施しました


講師に社団法人 全国学力研究会評議委員を務める
大槻 岳氏を招き、1・2年生合同で体育館において、
小論文講演を行いました。氏の熱を帯びた詳しく分かりやすい
説明に、生徒は熱心にメモを取りながら聞き入っていました。
講演終了後は教室に戻り、小論文テストに取り組みました。

防災・消防訓練を実施しました

15日(木)、防災・消防訓練を実施しました。
9:05 に緊急地震速報を放送で流し、生徒はすぐに教室のドアを開け、
カーテンを閉め、全員が机の下にもぐり、脚をつかんで次の放送を待ちました。
地震がおさまったので、すぐグランドへ避難するように放送が流れ、生徒たちは
手際よく教室ごとに予め定められた経路を通ってグランドへ避難できました。
目標タイムをクリアする6分34秒で実施できました。
3.11の大震災において、無事に避難できた小学校の例を踏まえ、
日頃の訓練が大切であることを校長が話し、また、草加消防署の方から
火災報知機が売られているので取り付けて欲しい旨の講話をいただきました。
その後、2年生は煙体験を全員が行い、1年生は消火器を使った消火体験
を行いました。生徒たちはそれぞれ真剣な眼差しで参加していました。
 

第48回卒業式を行いました


 当日はあいにく小雨の天気となりましたが、来賓の方々をお迎えし、PTA・後援会の役員
の皆様のご尽力を頂き、厳粛な雰囲気の中、盛大に卒業式を挙行することができました。
 卒業生は各クラスごとに担任から呼名を受け、48期生314名が本校を卒業しました。
 式が終了し会場の拍手の中を、それぞれのクラスごとに声を揃えて「3年間ありがとうござ
いました」と言って礼をして退場していく姿は、卒業生が充実した3年間をすごせた満足感を
感じさせるものでした。
卒業証書授与卒業生代表による送辞卒業生による「旅立ちの日に」の合唱