ブログ

2020年5月の記事一覧

来週から、貸出しと返却が利用できます

草加高校生徒のみなさん、お元気ですか?

 

いよいよ、学校が再開しましたね。

 

(これから、毎日のマスクをお忘れなく!)

 

図書館も、ちゃくちゃくとみなさんをお迎えする準備を

進めてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日は、学校のメンテナンス担当の業務さんにお願いして、

エアコンのフィルターをきれいにしていただきました。

(この業務さんも、4月から草加高校に来られた方です)

そして2台の換気扇も、ピカピカです。

 

 

みなさんに図書館で

お目にかかれることを

楽しみにしています!

 

(司書)

 

 

本の返却をお願いします

草加高校生徒のみなさん

お元気ですか?

分散登校から始まる、

学校再開の予定が発表されました。

なるべく早いうちに、

休校前に借りた本の返却を

お願いします。

返却ポストを、

生徒玄関の自動販売機の近くに出しておきます。

ご協力をお願いします!

 

※再開後の図書館利用については、

また後日お知らせします。

ネットで読書③出版社の無料公開

草加高校生徒のみなさん

今日もお元気ですか??

 

コロナ禍のなかで、各出版社も作品の無料公開を充実させる動きがありますね。

 

最近では、講談社が始めた「Day to Day」。

「50人以上の人気作家が、在宅中の読者に向け、2020年4月1日以降の日本を舞台に、

1人の著者が1日ずつ小説・エッセイを執筆するリレー連載がスタート!」(HPより)

たしかに、西尾維新や有川ひろ、辻村深月など、高校生にも親しまれている作家の名前が

並んでいます。

毎日、新しい作品がプラスされていく...ネットならではの、仕掛けですね。

 

Day to Day は ここから ↓

 

 

ネットで読書②「ブンゴウサーチ」

草加高校生徒のみなさん、

今日もお元気ですか?

 

今日は、

「青空文庫の作品を読了時間で検索できるサービス」(HPより)を提供しているサイト、

「ブンゴウサーチ」を紹介します。

※青空文庫については、5月5日の記事をお読みください

 

読了時間の目安は、5分・10分・30分・60分以内と1時間以上とに区切られ、

「今日は短いものをいろいろ読んでみよう」とか、

「長いものに挑戦しようかな」とか、

そのときの気分で選びやすいでしょう。


例えば30分以内で読める作品の中には、

太宰治の『走れメロス』、梶井基次郎の『檸檬』、

中島敦の『名人伝』などが入っています。

 

また、作品それぞれの「書き出し」も表示されているので、

それを読んで興味をひかれたものを開いてみるのもおすすめです。

ということで・・・

 

Q.「これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんからきいたお話です。」という

書き出しで始まる作品は、なーんだ?

 

ブンゴウサーチ は ここから ↓

ネットで読書①「青空文庫」

草加高校生徒のみなさん

お元気ですか?

今日は良い天気で青空なのに外出自粛、「あーあ」と思っている人も多いのでは?

 

「青空」といえば、ネットで無料で読書ができる「青空文庫」はご存知ですか?

「著作権が消滅した作品と、『自由に読んでもらってかまわない』とされたものを、

テキストとXHTML形式に電子化した上で揃えている」(HPより)サイトです。

作家別・作品別・ジャンル別で探すことができますし、

ファイルも読みやすく工夫されているのでおすすめです。

収録作品は16000点近く、小説家、政治家、科学者、日本人、外国人、・・・書いた人も様々。

このサイト、もう知っている人も多いと思いますが、

まだ見たことがないという人は、ぜひ!(サイトの利用は無料です)

 

インデックスを眺めるだけでも、文学史の勉強になりそう、ということで・・・

Q. 収録された作品タイトルの読み、五十音のうち何で始まるのが一番多いでしょうか?

 

青空文庫はここから ↓ 

 

 

 

図書館 模様替え中

草加高校生徒のみなさん、お元気ですか。


休校が延長になり、みなさんと学校でお会いできる日がまた遠くなってしまい、
とても残念です。


実は!
4月から司書が変わりました。
そして今、まだお会いしたことのない(登校日に数人とはすれちがったけれど...)みなさんを
想いながら、図書館を少し模様替えしています。
入口の「開館」の表示も新しくしました。

このドアを通って、一番にお会いする生徒さんはどなたでしょうか?