草高インフォメーションをすべて表示するには、カテゴリは選択せず、表示件数を「すべて」にします。
草加高校の教育活動

今日の草加高校

第3学期始業式

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

 令和3年1月8日(金曜日)、第3学期始業式が行われ、

同時に整容指導、年はじめの大掃除も行われました。

 

 また、緊急事態宣言発出に伴う学校運営に係る対応についての

お知らせが配布されましたので、ご一読ください。

 

 12日(火曜日)には宿題考査および授業が予定されています。

次週から登校時刻が変更となっていますので、注意して登校しましょう。

第2学期終業式が執り行われました。

 令和2年12月24日(木曜日)に2学期終業式が執り行われました。

 

 新型コロナウイルスの影響が日に日に強まる現在、

感染症対策のために、終業式を各学年別で分けて行いました。

 他学年で終業式が執り行われる間、同時に交通安全講習会とLHRが実施されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、前日の令和2年12月23日(水曜日)には避難訓練が行われ、

生徒たちは、地震が発生した際の対応および、教室からの避難経路の確認をしながら、

グラウンドへの避難を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 始業式は令和3年1月8日(金曜日)となります。体調を崩さないようにお過ごしください。

また皆さんが元気に登校してくることを教職員一同楽しみに待っています。

 

 それでは、よいお年をお迎えください。

国際理解教育 1学年振り返り

 

過ぐ11月26日(木曜日)、国際理解教育3回目の取り組みとして、グループワークを実施しました。

本年度の国際理解教育として、最後の取り組みとなる今回のテーマは、

「ここまで2回の講演を受けて、自分たちの学びを振り返り、共有すること」でした。

そのため、国際色豊かなことで知られる立命館アジア太平洋大学などでも用いられている

「KJ法」を用いてみました。

 

 

 

 

 

上の写真のように行ったグループワーク、

生徒達からは下の写真のように、様々な学びの形が生まれています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、このグループワークの後、全員が最終レポートとして学びの振り返りを行いました。

その中からは

「海外とのつながりを考える際に、ある程度の知識がないと、自分が困るだけでなく、

相手を困らせてしまうこともあると気づいた」

「コミュニケーションの大切さだけでなく、相手の視点、自分の視点を意識するという、

視点の大切さも学ぶことが出来た」

といった気づきや、

「海外だけでなく、日本国内でも様々な年代の方と交流することで、

視野を広げる経験を積めるのではと思った」

「これからの時代を生きる上で、

他国を知るだけでなく日本の魅力を英語で発信できることも大切だと感じた」

といった発見が見られました。

 

今回のプログラムを通して、ある生徒が振り返っているように、

「数年後自分が働く場所で、海外とつながるような仕事を持つかもしれないので、

このような互いを支え合う関係を築けたらいいと思った」

という気づきこそ、現代社会を生き、

未来を作っていく草校生達にとってもっとも大きな財産になるのではないかと思います。

 

ウィズコロナの苦しい状況が続く昨今ではありますが、今回の学びを糧に、

国際社会の一員としての意識、時事への興味関心を深めてもらえることに期待しています。